脇,黒ずみ,ぶつぶつ

そもそもトレチノインとは・・・

 

 

トレチノインとはビタミンA(レチノール)の誘導体です。トレチノインは通常のビタミンAよりも安定して効果のあるビタミンA誘導体で、ビタミンAの約100〜300倍の活性力があります。

 

トレチノインは、血液中にごく微量流れているものですから、抗原抗体反応を起こしたり、アレルギー反応を起こすことはありません。すでにアメリカではニキビやしわの治療薬として認可されていて、多くの患者さんが使っています。トレチノインはたくさんの美肌効果がありますが、一番特徴的なのが皮膚の細胞分裂を促進させる効果になります。

 

古い角質をはがすピーリング効果、ターンオーバー促進効果、皮脂分泌を抑える効果があり、オイリー肌やニキビ肌を肌質から改善することができます。また、お肌の内部でコラーゲンやヒアルロン酸を増やして、シミやしわを改善し、お肌にハリを蘇らせます。

 

 

トレチノインの副作用・注意点

 

一見、お肌の黒ずみに関して万能に思えるトレチノインですが、お肌に強い成分になるので、使用法を誤ると逆にシミを作ることがあってりと注意が必要になります。必ず医師の指導の下で正しくお使いください。

 

お肌の角質が落ちてくる

トレチノインを使い始めるとターンオーバーが早まりますので、肌の角質が捲れていき、ぽろぽろと落ちてきます。その期間は見た目が非常に汚く痛々しくなってしまいます。また皮が捲れた直後はどうしても肌は刺激に対して弱くもなります。

 

妊娠中・授乳中の方は注意

トレチノインと同じビタミンA誘導体のエトレチナートには催奇性が認められています。催奇性とは生き物の成長段階で奇形症状を引き起こす症状のことを言います。その為赤ちゃんに影響がある可能性がないとはいいきれません。トレチノイン自体には催奇性は認められていませんが、妊婦さんは使用を止めた方がいいです。皮膚科などでも、この危険性があることから、妊婦さんには処方されないところがほとんどになります。

 

 

脇の黒ずみケアにトレチノインを使うのであれば・・・

 

 

脇の黒ずみの美白のためにトレチノインを使うのは少し危険な印象を感じてしまいます。またトレチノイン自体も使う場合は皮膚科医の判断が必要になる事が多いので、薬局・ドラッグストアなんかでは手に入れにくいですからね。ですので、トレチノインを使うくらいであれば、しっかり専門的に製品化された脇の黒ずみ専用アイテムを使うのがおすすめです。夏に向けてせっかく脇の美白をしようとして肌荒れをしては元も子もありませんからね。

 

おすすめワキケア商品ランキングはこちら|TOPページ